【北京五輪】聖火採火式は成功! 中国メディアは抗議活動に〝ノータッチ〟

2021年10月19日 17時10分

聖火採火式でチベットの旗を持って抗議する人たち(ロイター)
聖火採火式でチベットの旗を持って抗議する人たち(ロイター)

〝無問題〟ということか――。

 北京冬季五輪(来年2月4日開幕)の聖火採火式が18日にギリシャ・オリンピアで行われた。式典は五輪の始まりを告げる重要な催事の1つだが、現地では中国の人権問題に抗議する3人の活動家が乱入。その後、警察に取り押さえられる騒ぎとなった。

 中国はチベットや新疆ウイグル自治区での民族弾圧が問題視されており、活動家らはチベットの旗と「NO GENOCIDE GAMES(大量虐殺大会反対)」と書かれた横断幕を掲げ、各国に北京五輪をボイコットするように訴えていた。しかし、式典の進行に影響を及ぼすことはなく、妨害は〝未遂〟に終わった。

 そうした中、中国メディア「北京日報」は「北京五輪の火は首尾よく集められた」と、採火式が問題なく行われたことを強調。活動家らの乱入には触れず、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長のスピーチやセレモニーの様子、聖火ランナーのユニホームなどを紹介した。

 また、同国の「人民網」は「五輪の採火に成功」と伝え、その他にも式典を扱ったメディアはあったものの、抗議活動に関する報道は見受けられなかった。

 今後も五輪開幕に向けてさまざまな「声」が上がってもおかしくないが、開催国としては〝ノータッチ〟を貫くのかもしれない。

関連タグ:

ピックアップ