【ショートトラック】菊池純礼 女子500mを4連覇「冷静にレースを運べた」

2021年09月25日 16時45分

女子500メートルの表彰式で金メダルを手にする菊池純礼(中央、代表撮影)
女子500メートルの表彰式で金メダルを手にする菊池純礼(中央、代表撮影)

 スピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権初日(25日、長野・帝産アイススケートトレーニングセンター)、女子500メートル決勝が行われ、菊池純礼(25=富士急行)が43秒759で4連覇を果たした。

 菊池純は序盤から飛び出すと、最後までリードを守り抜き、先頭でフィニッシュ。「500メートルは試合に向けて自分の体の調子もすごく整っていたので、狙っていたレースではあった。途中ブレードのセッティングでブレードを差し替えたりとか、最後のところでは接触があって、ブレードが万全ではなかったが、しっかりと冷静にレースを運べたのが収穫だった」と振り返った。

 今大会は予選からタイムを意識して試合に出場。その意図については「W杯のレースになったら、今の自分が500で温存して余裕を持って予選を通過する力はない。一本一本全力を出し切っても、同じクオリティー、もしくはパフォーマンスを上げてレースに臨むことが北京五輪までのカギになると思う」と説明した。約4か月半後に迫った大一番に向け、自分なりのプランはイメージできているようだ。

【関連記事】

関連タグ: