ウィザーズ指揮官が八村に期待「東京五輪が成長を加速させた」

2021年09月25日 12時44分

東京五輪で躍動した八村(ロイター)
東京五輪で躍動した八村(ロイター)

 米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁(23)が、今季から指揮を執るウェス・アンセルド監督から大きな期待をかけられている。

 アンセルド監督は八村について「東京五輪は貴重な経験だった。オフェンスの中心選手でもあり、チームのリーダーであった。このような経験が成長を加速させた思うし、われわれにもよい影響をもたらすだろう」。NBAではルーキーイヤーからチームの主力に定着しており、実力を証明しているが、1次リーグ3連敗だったものの、大舞台の経験でより頼れる存在になっているわけだ。指揮官は「まだ若いがNBAで多くの出場経験がある」と改めて信頼を口にした。

 今季を迎えるにあたって1年目から八村を指導してきたスコット・ブルックス監督が去り、司令塔のラッセル・ウエストブルックがレーカーズに移籍するなど、チーム陣容が大きく変わったが、今季も変わらず重用されるのは間違いない。大黒柱であるブラッドリー・ビールとともにチームを牽引してくれそうだ。

関連タグ:

ピックアップ