【カーリング】吉田夕、松村雄組は崖っぷちも動揺なし 吉田夕「あまり怖くない」

2021年09月20日 13時02分

吉田夕梨花(右)と松村雄太(代表撮影)
吉田夕梨花(右)と松村雄太(代表撮影)

 カーリングの混合ダブルス日本代表決定戦最終日(20日、北海道・稚内市みどりスポーツパーク)、決定戦の第1試合が行われ、吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)、松村雄太(コンサドーレ)組は、松村千秋(中部電力)、谷田康真(コンサドーレ)組に5―7で敗戦。予選を含めた対戦成績が1勝2敗となり、崖っぷちに立たされた。

 今大会は予選の結果を踏まえた上で、先に3勝した組が北京五輪切符をかけた世界最終予選(12月、オランダ)への出場が決まる大一番だが、4―2で迎えた第5Eに4点を献上すると、第6Eにもスチールで1点を許し、突き放された。

 ただ、吉田夕、松村雄組に悲観する様子は見られない。松村雄は「1本ミスした後に同じミスは続けていないと思うので、そういった意味では1個目の情報を次に生かすことはできている」と気持ちを切り替えた。

 吉田夕にとっては、女子日本代表決定戦(10~12日、北海道・稚内市みどりスポーツパーク)と同様に、先に王手をかけられた。苦しい展開であるとはいえ「私は先週から後がない状況を2週間続けているので、あまり怖くないというか、とにかく自分たちがやりたいカーリング、やりたい混合ダブルスのプレーをするだけ」ときっぱり。逆襲劇の再現に意欲を示した。

関連タグ:
 

ピックアップ