【カーリング】松村千、谷田組が3連勝 代表の座へ「自分たちの最高のパフォーマンスを」

2021年09月19日 14時36分

ショットを放つ松村千秋(右)、谷田康真組(代表撮影)
ショットを放つ松村千秋(右)、谷田康真組(代表撮影)

 

カーリングの混合ダブルス日本代表決定戦第2日(19日、北海道・稚内市みどりスポーツパーク)、松村千秋(中部電力)、谷田康真(コンサドーレ)組は、竹田智子、竹田直将(ともに名寄協会)組を7―6で下し、無傷の3勝目を飾った。

 すでに20日の決定戦への進出を決めている松村千、谷田組は、6―6で迎えた最終第8エンド(E)にパワープレーを選択。確実に1点を奪取した。松村千は「昨日より私の(ショットの)精度があまり良くなかった。接戦となってしまったが、最後まで耐えて勝ち抜けたので、とりあえず良かった」とホッとした表情を見せた。

 今大会は予選を突破した上位2組が20日の決定戦に進む。予選の結果を踏まえた上で先に3勝した組が北京五輪切符をかけた世界最終予選(12月、オランダ)へ出場する。

 16時からは松村千、谷田組と同様に決定戦へ駒を進めた吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)、松村雄太(コンサドーレ)組と対戦。18日の一戦では勝利を収めているが、谷田は「予選と言っても直接勝敗に影響するので、今の試合で出た課題を修正しながら、自分たちの最高のパフォーマンスを出せるように準備したい」と決意を新たにした。

関連タグ:

ピックアップ