【カーリング】反撃開始だ ロコ・ソラーレが意地の勝利 藤沢五月「私たちの根性を見せたい」

2021年09月11日 17時42分

ストーンを投じるロコ・ソラーレの藤沢五月(代表撮影)

 来年の北京五輪へ向けたカーリング女子日本代表決定戦(11日、北海道・稚内市みどりスポーツパーク)の第3試合が行われ、2018年平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレ(LS)は、日本選手権覇者の北海道銀行を9―3で下し、通算成績を1勝2敗とした。

 負ければ北京五輪出場の可能性が消滅する中での一戦。午前中の試合は7―8で敗れたものの、サード・吉田知那美が「最後は気持ちだと思う。戦う気持ちを持って自分たちのパフォーマンスを出したい」と話していた通り、第1エンド(E)に幸先よく2点を先制。さらに第2、3、4Eと3連続でスチールを決め、6―1で前半を折り返す。

 後半に入ってもLSの勢いは止まらない。第6Eはスキップ・藤沢五月の好ショットで2点を獲得。第7Eもスチールを奪い、9―1とリードを広げる。第8Eは2点を許したものの、コンシードで試合終了。理想的な試合運びを見せた。

 試合後、藤沢は「やるっきゃないって部分で気持ちを切り替えて思い切りできたのがよかったと思う。1、2Eで流れをつかむことができた」と振り返った。

 今大会で先に3勝したチームが12月の世界最終予選に日本代表として出場できる。崖っぷちの状況に変わりはないが「自分たちの試合をとことんやって、最後まで楽しんで、自分たちらしくしっかりチャンスをものにして、これが私たちLSだっていう根性を見せたい」と巻き返しを誓った。

関連タグ: