<新生K―1>木村“フィリップ”ミノルがビッグマウス

2015年01月09日 16時00分

K―1ガールズをバックに気勢を上げる木村(中)

 新生K―1第2弾大会「K―1 WORLD GP」(18日、東京・代々木第二体育館)に出場する木村“フィリップ”ミノル(21)が8日、「K―1ガールズ」を従えて東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 

 木村は初代65キロ級王者のゲーオ・フェアテックス(30=タイ)とスーパーファイトで対戦する。キャリア166戦を誇る強豪だが「いつもよりハードな練習をしている。焦りはない」とキッパリ。「正直(試合が)つまんなくてもいいから、勝ちさえすればいい。地味にコツコツといきます」と必勝を誓った。

 

 さらには「相手が相手だし、自然と面白い試合になるでしょう。もし俺が勝ったら、王者が無冠の相手に負けることになる。それってヤバくないですか? 俺はどういう立ち位置にいくんだろう? 逆にワクワクしてますよ」と売り物であるビッグマウスを炸裂させた。

 

 新生K―1で、新たなヒーローが誕生する予感が漂ってきた。