五輪金メダルの韓国フェンシング選手が芸能界進出!大手事務所との契約を発表

2021年08月17日 21時44分

東京五輪フェンシング男子サーブル団体で金メダルに輝いた韓国代表(左からグ・ボンギル、キム・ジョンファン、キム・ジュノ、オ・サンウク=ロイター)
東京五輪フェンシング男子サーブル団体で金メダルに輝いた韓国代表(左からグ・ボンギル、キム・ジョンファン、キム・ジュノ、オ・サンウク=ロイター)

 東京五輪で金メダルに輝いたフェンシング男子サーブル団体韓国代表の金準鎬(キム・ジュノ=27)が芸能界に〝進出〟して話題になっている。

 金は東京五輪で金政煥(キム・ジョンファン)、呉尚旭(オ・サンウク)、具本佶(グ・ボンギル)とともに優勝。実力もさることながらルックスで注目された4人組「F4」として話題になっていた。

 中でもナンバーワンとして人気が爆発した金が、大手芸能事務所「太陽と月エンターテイメント」と専属契約を結んだと発表した。

 同事務所は有名女優のハ・ジウォンが設立して俳優などが所属。金は五輪後に多くの有名番組に出演して女性を中心に人気が高まっており、芸能事務所との契約を契機に芸能界に本格進出かと話題が沸騰している。

 韓国メディア「エックススポーツ」のインタビューに応じた金は「現役のフェンシング選手として本業を続けながら、放送業界でも様々な活動をする予定だ」と〝二刀流〟で活動する意向。事務所側は「エンターテイナーとして大きな可能性がある金と一緒に仕事することができてうれしい。能力を発揮し、芸能界での活動を積極的に支援する」との方針を示した。

 金は日本でも話題になっており、今度は芸能界でも頂点を目指すことになりそうだ。

関連タグ:

ピックアップ