全中国が泣いた14歳〝飛び込み少女〟が猛練習動画公開「だから水しぶきが出ないわけだ」

2021年08月16日 11時09分

金メダルを獲得した中国の天才少女・全紅嬋(ロイター)
金メダルを獲得した中国の天才少女・全紅嬋(ロイター)

 東京五輪女子高飛び込みを14歳で制し、「お金を稼いで母の治療費にあてたい」とけなげに話す姿で一躍時の人となった中国の天才少女・全紅嬋が、隔離中の練習動画を公開し、話題になっている。

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、東京五輪から戻った選手にも21日間の厳格な隔離措置を取っている中国。多くの選手が部屋でトレーニングをする姿をSNSに投稿しているように、全も15日、独自の練習法を投稿した。

「全紅嬋です。中国の飛び込み選手です」と自己紹介から開始。全は、給水タンクのような大きめペットボトルを持ち上げながらのスクワットや逆立ち、V字の腹筋などを、ぴんと手足を伸ばした状態で黙々と行っている。

 全は、飛び込みで入水の際に水しぶきがほとんど上がらなかったことでも注目を集めた。黙々と練習する姿に「筋肉がすごい」「だから水しぶきがあがらないのね」などと中国ネット上で話題になっている。

関連タグ:

ピックアップ