大盤振る舞い! 東京五輪「銀」女子バスケ 報奨金総額8400万円

2021年08月13日 15時59分

銀メダルを獲得した女子バスケ日本代表チーム
銀メダルを獲得した女子バスケ日本代表チーム

 日本バスケットボール協会は13日、東京五輪で同競技初の表彰台となる銀メダルを獲得した女子日本代表12人に対し、一人当たり500万円の報奨金を授与することを発表した。

 破格のボーナスだ。本来の規定では一人当たりの報奨金は金メダル500万円、銀メダル300万円、銅メダル100万円。今回は銀メダルであったが、三屋裕子会長は「日本バスケットボール界にとって『金メダル』級の快挙であった」として規程の300万円に特別報奨金200万円が上乗せされ、文字通り「金」と同等の報奨金となった。三屋会長は「選手・スタッフに対する敬意を少しでも形にできたことを心よりうれしく思います」とコメントしている。

 また、チームスタッフ11人とスポーツパフォーマンス部・佐藤晃一部会長の計12人にも200万円の贈呈が決定。佐藤部会長においては「故障者の長期的なリハビリ活動の担当者として、チームの躍進に多大なる貢献をした」としている。選手およびスタッフ合わせて24人、合計8400万円という大盤振る舞いとなった。

 なお、かねて「金メダルを獲得」を目標に掲げてチームを束ねたトム・ホーバス監督はヘッドコーチ契約に従って別途授与される。

関連タグ:

ピックアップ