【バドミントン】混合ダブルス「銅」渡辺&東野 ラリー中にラケット交換の〝神業〟を披露

2021年07月30日 16時27分

東野は試合中にラケットを変え急いでコートに戻った
東野は試合中にラケットを変え急いでコートに戻った

 東京五輪のバドミントン混合ダブルス3位決定戦が30日、武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、渡辺勇大(24)、東野有紗(24=ともに日本ユニシス)が香港の鄧俊文、謝影雪組を2―0(21―17、23―21)で下して銅メダルを獲得した。

 中学時代から組むベテランペアだけに、大舞台でも息はピッタリだった。前日の敗戦でドン底まで落ち込んだ2人。渡辺は「素直につらかった、しんどかった。期待とかプレッシャーに押しつぶされそうで、会場に来るまでも逃げ出したくて」と心境を打ち明けつつ「やるしかないと2人で腹をくくった」と覚悟を持って臨んだ。一方、1歳学年上の東野は「帰ってからご飯を食べる気にもならなかった。先輩方が隣で励まし、声を掛けてくれて切り替えることができました」と明かした。

 試合ではスーパープレーの連続。相手ペアの強烈で巧みな攻めに対し、息が合ったプレーで圧倒した。試合中、東野が取ったあるプレーが話題となった。第1セット、相手がロブを打ち上げると東野はコートを飛び出し、用意していた新品のラケットと取り替える〝神業〟を見せた。ダブルスでラケットに不具合が生じた際にマレに取られる戦法だが、中継を見ていたファンは「カッコいい!」「こんな技アリなの?」とネットで話題となった。

 勝利後に「パートナーで良かった」と互いに称え合った2人。コート内外で太い絆を見せつけた。

関連タグ: