スケボー最年少金メダルの13歳・西矢椛 ほのぼの会見の中で見せた自信「年齢は関係ないと思います」

2021年07月26日 18時55分

金メダルを手に笑顔を見せる西矢椛
金メダルを手に笑顔を見せる西矢椛

 東京五輪スケートボード女子ストリート決勝(26日、有明アーバンスポーツパーク)、西矢椛(13=ムラサキスポーツ)が15・26点で金メダルを獲得。日本選手としては1992年バルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子(14歳6日)を抜いて最年少メダリストとなった。

 一発技を披露する「ベストトリック」の3本目で初成功すると、続く4本目はさらに高得点をマークして首位に浮上。最終5本目も確実に決めて〝初代女王〟の称号を手にした。

 メダリスト会見では中学2年生らしい初々しさを感じさせた。友人らには「頑張ってね」「応援してるよ」などとエールを送ってもらったことを明かし、カメラに向かって「頑張って金メダル取ったよ~!」と優勝を報告。会見場はほのぼのとした雰囲気に包まれた。

 6月の五輪予選最終戦となる世界選手権では2位に入り、日本勢5番手から逆転で今大会の出場権を獲得。西矢は「今日はたまたま勝ってただけだから、強いかどうかは分からないです」と謙遜しつつも「年齢は関係ないと思います」と自信ものぞかせた。

 13歳10か月でのメダルは岩崎を抜いて日本最年少記録を更新。西矢は「最新記録だと思うんですよ。それがうれしいです」と素直に喜んだ。

関連タグ:
 

ピックアップ