【東京五輪】トラブル続きの大会に「台風と極端な暑さが新たな脅威」海外報道が懸念 

2021年07月26日 12時28分

中国沿岸部では台風6号による被害が拡大(ロイター)
中国沿岸部では台風6号による被害が拡大(ロイター)

 誰の運が悪いのか。災難続きの東京五輪を襲う暑さと台風の脅威に、海外メディアも注目している。英「テレグラフ」は「台風と極端な暑さがトラブルに見舞われる東京五輪に新たな脅威をもたらす」と報道。新型コロナウイルスの脅威に加え、選手を苦しめる猛暑、さらに台風が近づいていることを報じた。

 また米「NBC」もコロナやすでに選手が倒れるほどの猛暑に加え、台風の脅威が迫っていると報道。「影響を受ける危険性が最も高いスポーツには、サーフィン、ボート、セーリングなど、水中のスポーツ。また、嵐の激しさに応じて、強風と雨で、停電や鉄砲水につながる可能性があるので、屋内イベントも危険にさらされる可能性がある」と警鐘を鳴らしている。

 トラブル五輪の印象が付いてしまった東京大会。天候に対する万全な対策が求められている。

関連タグ:

ピックアップ