• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > サッカー > 猶本強気!「韓国には勝てる」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猶本強気!「韓国には勝てる」


 ヤングなでしこ(U―20女子日本代表)の美少女MF猶本光(18=浦和、写真)が自信の“韓国討ち”を宣言した。26日のスイス戦(国立競技場)に引き分け以上でU―20女子W杯の決勝トーナメント進出が決まるが、1位突破した場合に準々決勝で対戦の可能性がある韓国について「戦いやすい」と顔に似合わぬ強気な一面を見せた。

 

 1次リーグ2戦を終えて1勝1分けの勝ち点4でA組首位のヤングなでしこにとって、次のスイス戦もあくまで通過点という位置付け。目標の優勝に向けて、決勝トーナメントの戦い方を重視している。だが、1次リーグ1位突破なら準々決勝の相手はB組2位の韓国になりそうな情勢。3年前のU―17女子W杯では決勝でPK戦の末に敗れて世界制覇の夢を絶たれた因縁があるだけに、トーナメント早期の対戦は避けたいという意見がチーム内にはあった。

 

 ところが関係者によると、猶本は「今の私たちなら韓国に負けないでしょ。だったら早く当たった方がいい」とチームメートに見えを切ったという。真偽を確かめるべく本人を直撃すると「だってナイジェリアよりは、やりやすいと思います。しかもU―17W杯の後にアジア(U―19選手権=昨年10月)で勝っているし、そこ(韓国)には勝てると思う。(戦うのは)いつでも大丈夫ですよ」と完全に“見下ろし”の姿勢だ。むしろ猶本が警戒しているのは米国、ドイツ、北朝鮮。それらとの対戦までに勢いをつけたいという。

 

「その3か国は手ごわい。自分たちが調子をつけることで、力の差をなくしたい」とシミュレーションもバッチリ。ロンドン五輪で佐々木則夫監督(54)が取った「2位狙い」の作戦について「私たちには必要ない」と韓国を避けるような作戦は考えていない。

 

 日韓戦といえばロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦で敗れ、試合後の「竹島プラカード事件」などで政治問題にも発展した因縁の一戦。まずはスイス戦勝利が前提だが、猶本は両国間の問題など関係なく、ヤングなでしこをさらなる高みに引き上げることしか頭にない。

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!