羽生「NHK杯」出場決定!「多少の痛み残るが頑張る」

2014年11月26日 19時22分

NHK杯出場が決まった羽生

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦・中国杯で中国選手と衝突し、頭部や左太ももなど5か所を負傷したフィギュアスケートの羽生結弦(19=ANA)が、28日に開幕する最終戦・NHK杯(大阪)に出場することが26日、決まった。日本スケート連盟の小林芳子強化部長が明かした。

 羽生はこの日夕方に行われた非公開練習に参加。同部長によれば約50分間、ステップ、ジャンプなど入念に練習したという。難易度の高い4回転トーループや4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も成功。

「練習後に本人、ドクター、我々で協議し、予定通り出場します。練習はいつも通りでした。ドクターの所見でも異常は見られず、本人は『両足に多少の痛みは残っているが、頑張る』と話していた」(小林強化部長)

 衝撃のアクシデントから3週間弱。驚異の精神力と回復力で羽生が復活する。