【東京五輪】“五輪貴族” やはり特別扱い 武藤事務総長「主催者は観客でない」

2021年06月21日 18時45分

武藤事務総長(ロイター)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、日本政府、東京都、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表らによる「5者協議」が21日に行われ、改めて〝五輪ファースト〟が浮き彫りとなった。

 この日、東京五輪の観客数上限を会場定員の50%以内で最大1万人とすることを正式に決定。新型コロナウイルス感染症対策の徹底ぶりをアピールしたが〝五輪貴族〟の扱いについて、武藤敏郎事務総長(77)は「大会運営に関係する人たちというのは主催者であり、観客でないという観点から1万人とは別途考える。その方針に変わりはない。国際競技連盟(IF)やIOCの関係者と、キークライアントは大会の運営関係者ということであり、観客ではない」と述べた。

 現時点で組織委は開会式で、一般観客の1万人に加え、大会関係者用の特別枠を1万人追加し、全体の入場者数を2万人程度とする方向で調整している。この件には「報道に2万という数字があったことは私も承知している。しかし今、精査中で具体的な数字までは申し上げにくいが、それよりは明らかに少ない数字になるだろう」と語るにとどめた。

関連タグ: