【東京五輪】韓国の五輪代表選手に〝暴行男〟選出 韓国内でも疑問の声も

2021年06月19日 17時12分

〝暴行男〟の代表選出に韓国内で疑問の声が

 東京五輪の馬場馬術の韓国代表に〝暴行男〟が選ばれた。その選手は韓国大手財閥ハンファグループの金升淵会長の三男である金ドンソン(32)だ。

 日本国内では同種目で五輪史上最高齢出場(80歳4か月)を目指していた法華津寛(80)が代表入りを逃したことが話題になったが、韓国では金ドンソンの選出を巡って議論が巻き起こった。

 同選手は2014年の仁川アジア大会団体で優勝するなど実績十分だが、17年1月にバーの従業員を暴行し、パトカーで暴れて器物を破損する犯罪を犯し、懲役8か月に執行猶予2年を宣告されていた。

 韓国紙「東亜日報」によると、金ドンソンは今年1月まで代表から除外されていたが、その後国外の大会に出場して結果を残して代表資格を得て、正式に代表選手となった。

 しかし暴行事件を起こしたにもかかわらず、公式な謝罪などを行っていないことなどから、韓国では東京五輪代表にふさわしくないとの意見も噴き出し、選出に対する批判も少なくない。

 大韓体育会関係者は「彼は五輪出場資格を得ている。出場は問題ない」と強調するが、大手財閥の御曹司だけに、特別扱いがあってもおかしくはない。

関連タグ: