冤罪主張した冨田捜査の問題点…元刑事が明かす韓国警察の手法

2014年11月09日 08時45分

國田弁護士(中)は冨田(左)がハメられたと主張するが…

 韓国・仁川アジア大会(9月)で韓国メディアのカメラを盗んだとして略式起訴され、日本選手団から追放された競泳元日本代表冨田尚弥(25)が6日に開いた弁明会見が波紋を呼んでいる。冨田の「盗んでいない」との冤罪主張に対し、捜査に当たった韓国警察は真っ向から反論。だが、日韓合同捜査の経験がある元刑事は、日本の警察とまったく異なる韓国の荒っぽい捜査手法を指摘した。

 本紙昨報通り、冨田は9月25日、競泳会場の報道陣エリアにあったカメラ本体を盗んだとして、26日に仁川南部署に任意同行されて容疑を認め、すでに被害者と示談成立済み。同署の事情聴取で「否認すると帰国できない」と言われて認めてしまったと釈明した。会見では淡々と「僕は盗んでいません」と訴えた。

 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は警察庁刑事局に所属していた14年前、ある事件で日本から韓国に逃亡した容疑者を追い、現地警察と合同捜査した経験を持つ。韓国警察の印象は日本より荒っぽい捜査だった。

「容疑者の居場所が分かると、韓国警察は『明日、朝イチで捕まえに行く!』と言う。私が『もう少し内偵しよう。日本では任意で呼ぶ場合でも、否認されても大丈夫なくらい捜査を尽くしておく』と言っても、『日本の捜査は時間がかかるね。悪いやつのためにそんなに苦労することはないよ』だった」

 韓国では疑わしき相手は証拠が完全に揃わなくても身柄を取るのが基本だという。取り調べのテーブルにさえ着かせれば、勢いでなんとでもなるという考えのようだ。

 これらを踏まえたうえで、小川氏は冨田の事件について「警察の取り調べで通訳を通して、具体的になんと言われたのかが問題だ」と指摘する。

「『人の物を盗んだことに間違いないか?』と聞くのと『自分のカバンに人の物が入っていたのは間違いないか?』と聞かれたのでは、まったく意味が違う」。ただ、後者の問いにYESと供述し、それが言葉の問題から警察に「窃盗の自白」と捉えられる可能性は否定できない。

 ほかにも、防犯カメラが捉えたという映像そのものや、警察とのやりとりにも疑問が残るとみている。

「カメラの性能も、カメラの解析技術も韓国は日本に劣る。盗んでいるところが写っているか、不確か。取り調べに同席したJOCの人も警察から『冨田が盗んだ。本人の姿も写っているよ』と言われたら、信用してしまうと思う」(小川氏)

 この点について、日本オリンピック委員会(JOC)は本紙昨報通り「(監視カメラの映像を見た職員から、冨田が)カメラをカバンに入れている姿を確認したと報告を受けている」(平真事務局長)とし、JOC職員と、事情聴取には日本語に堪能な通訳が付き添っていたとしている。

 一方で、冨田の甘さも指摘した。「外国で警察に呼ばれたら誰でも動揺するのは理解できる。ただ、日本でも今では中学生でも警察に『弁護士呼んで』と言ったり『任意? 強制?』と聞いてくる。日本代表選手が血ヘドを吐いて練習しているのは分かるが、世間知らずな面もあったのでは」と小川氏。

 事件後からささやかれているのは韓国による“陰謀説”だ。冨田本人はその可能性を否定しているが、國田武二郎弁護士は「推論を出ませんが」と前置きしつつ「日本選手団の誰かになんらかのワナを仕掛けた。陥れた。そうとしか考えにくい。カメラのレンズを外して本体だけ入れた。バッグに入れるためにはレンズを外さないといけない。個人的な恨みじゃなくて、日本選手団への嫌がらせをしたのでは」とも語っている。

 韓国警察は、冨田への自白の強要を否定し、冨田が主張するカバンにカメラを入れたという人物は「防犯カメラに写っていない」としている。同検察も7日、略式命令謄本を日本国内の冨田の住所に送達するよう裁判所に申請。関係者は「謄本(コピー)を見て異議があれば正式に裁判を請求すればいい」と話している。