【バレーボール】男子代表・中垣内監督が発熱でオランダ戦欠場 PCR検査は陰性

2021年05月29日 20時00分

 日本バレーボール協会は29日、男子日本代表の中垣内祐一監督(53)に発熱の症状が見られたため、同日イタリア・リミニで行われるネーションズリーグ第2戦・オランダ戦を欠場すると発表した。

 男子日本代表は28日、イランに3―0で快勝した。中垣内監督は試合後に発熱。同日夜にPCR検査を受け、結果は陰性だった。しかしチームドクター、現場スタッフの判断により、大事を取って欠場するという。

 なお、29日朝の時点で、男子チーム内に体調不良者はおらず、中垣内監督を除く選手、スタッフは予定通りオランダ戦に出場する。

関連タグ: