【東京五輪】日本は危険地帯、行くな! 米国「渡航中止勧告」の衝撃波

2021年05月25日 11時40分

立ち入り禁止の五輪選手村

 米国選手団は東京五輪に参加できるだろうか。

 米国務省は24日、新型コロナウイルスの感染状況から日本への渡航警戒を4段階のうち最も厳しいレベル4の「渡航中止・退避勧告」に引き上げた。米国疫病予防管理センターも「渡航者は日本へのすべての旅行を避けるべき」と通知した。

 こうした状況について米メディア「CNET」は「米国は2か月後に五輪を開催する日本に渡航禁止勧告を発行した」と東京五輪への関連を指摘し「7月23日にようやく五輪が開幕する予定であり、これがチームUSAにも影響を与える可能性がある」と報じ、日本行きがレベル4に引き上げられたことで、五輪に不参加となる場合があることを示唆した。

 そんな中、米国五輪・パラリンピック委員会(USOPC)は同日、東京五輪への米国代表の出場に影響はないとする声明を出し、政府からの勧告を理解しているとした上で「選手やスタッフに対する感染予防策を講じるほか、日本への渡航前と到着後、五輪期間中にも検査を受けるので米国選手の安全な参加に自信を持っている」とした。

 ただ、今回の米国政府が出した勧告は、改めて日本が〝危険地域〟であると、世界に知らしめた格好だ。各方面から開催への反発は高まりそうで五輪実施に向けて取り組む国際オリンピック委員会(IOC)や日本サイドにも大きな影響を及ぼすはずだ。

関連タグ: