IOC会見 反対派乱入もアダムス広報部長は「今日はバッハ会長でなく、私でごめん」と超余裕 

2021年05月13日 11時13分

五輪開催への逆風は強まるばかりだ
五輪開催への逆風は強まるばかりだ

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会後に開いたオンライン記者会見で、「五輪はいらない。五輪なんてくそくらえ(F××× the Olympics)。(2028年)ロサンゼルスにも、東京にもいらない」と乱入した男の団体「NOlympics LA」はツイッターで「我々は今朝、IOCの会見を潰した」と声明を発表。証拠ビデオを添付した。

 一方、乱入された側のマーク・アダムス広報部長は、一瞬驚いた様子だったが、すぐに余裕の対応を見せていた。画像切断後、同広報部長は「今日の会見はバッハ会長ではなく私で、がっかりさせてごめんなさい」「(バッハ会長だったほうが)もっと興味深いものになったかもね」と冗談を飛ばすほどだった。

 どんな批判を受けても五輪開催に突き進むIOC。さすが貴族軍団といったところか。

関連タグ:

ピックアップ