【東京五輪】聖火リレー関係者がコロナ感染 香川県内で30代男性が陽性

2021年04月22日 14時15分

聖火リレー関係者からも…

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、香川県内で行われた聖火リレー(17、18日)に携わった30代男性の関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性になったことを発表した。聖火リレー関係で感染が判明したのは初めて。

 この事例を受けて組織委は「引き続き関係機関等と連携し、保健所等の指導のもと感染拡大の抑止に努めるとともに、安全・安心な聖火リレーの実施に向けて必要な対策を講じてまいります」とコメントしている。

関連タグ: