【東京五輪】藤田菜七子が府中市の聖火ランナーに!「東京競馬場がある大好きな街…今からワクワク」

2021年04月21日 11時40分

藤田菜七子

 東京都府中市は21日、JRAの人気女性ジョッキー・藤田菜七子騎手(23)が東京五輪の聖火ランナーに決定したことを公表した。

 走行日は五輪開幕の約10日前となる7月14日。菜七子を含むランナーたちは同日の最後を締めくくる区間として、午後6時27分に府中市民陸上競技場をスタートし、聖火到着を祝うセレブレーション会場になっている東京競馬場に午後7時32分に到着する。

 菜七子は「アスリートの一人として、聖火リレーに参加できることはとても光栄です。そして府中市は、いつもレースでたくさんの声援をいただく東京競馬場がある大好きな街です。そんな府中市を聖火ランナーとして走れることに今からわくわくしています。コロナ禍でも聖火リレーに参加できることに感謝しつつ、皆様に元気をお届けできるよう、しっかりと聖火をつないでいきたいと思います」とコメントしている。

関連タグ: