新体操・畠山愛理の“勝負メーク”

2014年08月23日 16時00分

畠山愛理

【目撃】このあたりが変わりました――。なぜか鼻を指さしている美女は、新体操団体の日本代表「フェアリージャパン」のキャプテン・畠山愛理(20=東京ジュニアク)だ。

 

 日本スポーツ界屈指の美人アスリートとして知られる畠山は22日、東京・国立スポーツ科学センターで9月の世界選手権(トルコ)とアジア大会(韓国・仁川)へ向けた壮行演技を披露。さらに日本代表をサポートする化粧品メーカーのPOLAが開発した“勝負メーク”もお披露目され、その感想を語っているのだ。

 

 ピンクを強調した女性らしいエレガントな色合いに、畠山も「前より大人っぽい色。メークをすることですごく自信がつく」と気に入った様子。一方で、かねてロシア人コーチから「彼氏をつくりなさい」との指令が出ていることについては「ずっとここと(合宿先の)ロシアの行き来なので…。難しいですよね」と複雑な表情を浮かべた。