高橋大輔ファンからクレームなし…橋本聖子議員「キス騒動」は終息ムード

2014年08月21日 16時00分

橋本議員(左)と高橋のキス騒動はあっという間に終息

 自民党の参院議員で日本スケート連盟の橋本聖子会長(49)がフィギュアスケート男子の高橋大輔(28=関大大学院)にキスを強要したとされる写真が「週刊文春」に掲載された騒動は、わずか1日で終息ムードとなった。

 橋本議員は掲載誌が発売になった20日、「キスを強要した事実はない」としながらも「誤解を招くようなことがあったとすれば、気を付けなければならないと反省しています」と改めてコメントした。高橋のマネジメント担当者も「高橋にパワハラやセクハラを受けたという認識はない」と話し、問題視していないことを強調。日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(66)もユース五輪で滞在中の中国・南京でJOC幹部と対応を協議したものの「まだ本人とも話せていない。状況をしっかり確認してから対応を判断したい」と話すにとどめた。

 都内のスケート連盟も、橋本会長が不在ということもあり、職員は通常通りの業務をこなした。電話が殺到するような事態はなく「『ミヤネ屋』が取り上げてからいくつか電話があったくらい」(関係者)。その内容も「誤解を招くようなことがあった。しっかりわきまえてほしい」といったものが数件。中には「こうなったことはしょうがないけど頑張ってほしい、という励ましも1件ありました」(同)と橋本会長を擁護する声もあったという。フィギュアファンの間では、酒席での“悪ふざけ”の一種ととらえられているようで、心配された高橋の女性ファンからのクレームなどもなし。本紙昨報の9月の内閣改造に絡む政治的な謀略という見方は否定できないなか、大騒動への発展は避けられたようだ。