GK権田「自分の判断ミス」

2012年08月08日 18時00分

<ロンドン五輪・サッカー男子準決勝>GK権田修一(23=FC東京)は自らのミスが招いた(準決勝メキシコ戦)敗戦にショックを隠しきれなかった。

 逆転を許したMFペラルタのゴールはGK権田からのパスを受けたMF扇原がボールを奪われたことが直接の原因。だが「前半からタカ(扇原)が起点になっていて、相手が狙ってくるのはわかっていた。だから(そこにボール投げた)自分の判断ミス」と権田は沈痛な面持ちで語った。

 今大会では4試合連続の無失点を誇りながら、前半31分にCKから初失点を許すとイレブンは動揺し、足が止まった。立て直しができないまま3失点。権田は「自分がミスし、その後に誰かが、判断ミスをして、また誰かのせいになってしまうのは最悪。負けた時にすぐ切り替えるのは簡単じゃない」とショックを引きずっていた。

 

ミス扇原は人目はばからず号泣

悔やむ大津「もう1、2点取れば…」

不安的中「TBSが中継するからやばい」

GK権田「海外の人にアピールしたい」