【東京五輪】〝ブタ発言〟侮辱演出 橋本会長「容姿を笑いものにする発言は絶対にあってはならない」

2021年03月18日 13時59分

会見した橋本聖子会長(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)が18日、開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクター佐々木宏氏(66)による侮辱演出の問題を受けて都内で会見を開いた。

 17日の文春オンラインで明るみに出た今回の騒動は、昨年3月に佐々木氏が演出チーム内のラインでタレント渡辺直美(33)に対して「ブヒー ブヒー」「オリンピッグ=渡辺直美さん」など容姿を侮辱したというもの。橋本会長は「昨日(17日)のオンラインの記事を見るまで全く存じ上げないことでありました」「記事の見出しを拝見し、ショックを受けました」と見解を口にし、さらに「容姿を笑いものにするような発言は大変、不適切だと思っております。謝罪文の中で佐々木氏本人も侮辱だったと述べておりまして、私もやはり絶対にあってはならないと思っております」と厳しい見解を述べた。

 また、橋本会長は昨晩に佐々木氏から電話で辞意を受けたことを明かし「ご本人の意志は固く、また組織がジェンダー平等推進を重要施策として掲げている以上、これを受け入れることとした」と説明した。

 その一方で、橋本会長は「佐々木氏の存在は式典を成功させるためには極めて重要。リオ五輪や昨年7月の1年前プログラムなど、組織委員会への貢献は大変、大きなものでした」と功績をたたえた上で「これまでの多大な貢献に対して謝意をお伝えした」と語った。

 今後、組織委は早急に後任人事を決め、佐々木氏が作り上げた演出をベースに開閉会式の準備を進めるという。橋本会長は「継承すべきところは継承し、今後は皆様にすばらしい開閉会式をお届けできるよう一丸となって新たな体制を整えるべく努力をしていきたい」と話した。

関連タグ: