【カーリング】中止発表の女子世界選手権がカナダ・カルガリーで開催 日本は北海道銀行が出場

2021年03月06日 12時29分

2月の日本選手権で優勝した北海道銀行フォルティウス(写真は吉村紗也香)(C)JCA-IDE

 世界カーリング連盟は5日(日本時間6日)、女子の世界選手権を4月30日~5月9日の日程で、カナダ・カルガリーで開催することを発表した。

 同選手権は当初は今月19~28日にスイスで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先月に中止が発表されていた。

 カルガリーでは来月3日から男子の世界選手権が開催されるが、男女の両大会共に選手や関係者は競技場と指定された施設以外への外出は制限され、外部との接触を断つ「バブル」方式が採用される。

 日本は2月の日本選手権Vの北海道銀行が出場。大会には全14チームが出場し、上位6か国が来年の北京五輪の出場枠を得る。

関連タグ: