野口健氏 選手村にコンドーム16万個配布「理解に苦しむ」 リオ五輪は45万個

2021年03月03日 13時56分

野口健氏

 アルピニストの野口建氏が2日、ツイッターで五輪の選手村で配布されるコンドームの問題に言及した。

 選手村のコンドーム無料配布は1988年のソウル五輪から始まった。当初はHIV予防対策が目的だったが、その後選手たちの需要が高まり、五輪でのコンドーム配布は2016年のリオ五輪では45万個を配布。東京五輪・パラリンピックでも16万個が配布される予定だ。

 新型コロナ感染予防の観点から、濃厚接触を助長するのではないか、と懸念されており、そもそも開催そのものが危ぶまれてはいるが、野口氏はこの問題に「リオで45万個配布って…選手村とは一体全体どんな村なんだ…」と驚嘆した。

 その上で「アスリートにとって体調管理は仕事。そんな物は自身で用意すべきであり、与えられる物ではないでしょうに… 東京五輪では16万個を配布するとのこと。理解に苦しむ」と無料配布というやり方に疑問を呈した。

関連タグ: