【カーリング】藤沢五月が涙…フジヤマペアが北京五輪切符逃す 最終8Eに悪夢

2021年02月27日 21時04分

ぼうぜんの藤沢(C)JCA-IDE

 まさかの結末だった。

 カーリングの日本混合ダブルス選手権5日目(27日、青森・みちぎんドリームスタジアム)、準々決勝が行われ、2年ぶり3度目の優勝を目指した藤沢五月(29=ロコ・ソラーレ)、山口剛史(36=SC軽井沢クラブ)組は、吉田夕梨花(27=ロコ・ソラーレ)松村雄太(31=コンサドーレ)組に6―7で敗れ、北京五輪出場の可能性が消滅した。

 第1エンド(E)に3点を奪うと、第3、4Eに1点ずつ追加し、5―1とリードして後半戦へ突入。しかし、第5Eに3点を取られると、第7Eに同点とされる。最終第8Eは有利な後攻で迎えたが、最後の藤沢のショットはわずかに届かず。試合後、藤沢は思わず涙。山口もぼうぜんと立ち尽くした。

 無念の結果に終わり、藤沢は「ラストEの1投目でしっかり決め切れなかったところが悔しい。最後に決め切れなかったのはしょうがない。相手がすごくいいところに残したのでしょうがない。その前の一投で私がしっかり決めていれば、相手にもプレッシャーをかけられた」と唇をかんだ。

 山口は北京五輪への道が閉ざされたものの、藤沢は4人制で北海道銀行とのプレーオフを制すると、望みをつなぐことができるだけに、次こそは悔しさを晴らしたいところだ。

関連タグ: