【カーリング】完勝のフジヤマペア 山口が藤沢を絶賛「すごく勉強になる」

2021年02月26日 11時33分

藤沢五月(左)山口剛史組(C)JCA-IDE

 〝世界の藤沢〟を大絶賛だ! カーリングの日本混合ダブルス選手権4日目(26日、青森・みちぎんドリームスタジアム)、2年ぶり3度目の優勝を目指す藤沢五月(29=ロコ・ソラーレ)、山口剛史(36=SC軽井沢クラブ)組は、チーム栁澤に9―5で勝利。要所で藤沢の好ショットが光り、4連勝を飾った。

 第1エンド(E)、第3Eに藤沢のドローで2点ずつ先取すると、第7Eには藤沢のミラクルショットで4点を奪取。試合後、藤沢は「私が上手でした(笑い)」と満面の笑み。山口も「素晴らしいドローを2本決めてくれた。〝世界の藤沢さん〟と一緒にカーリングできてたくさんのことを学べるのが楽しい。技術的なこともそうだが、コミュニケーションの取り方、言葉の表現の仕方とか振り返りのときの伝え方がすごく勉強になる」と称賛した。

 次戦は吉田知那美(29=ロコ・ソラーレ)、清水徹郎(33=コンサドーレ)組と対戦する。山口は「次の試合は藤沢さんの調子がよくていいショットばかり決めているので、僕ももう少しいいショットを決めたい」と気合十分。藤沢から多くの刺激を得ているようだ。

関連タグ: