ジェンダー担当の小谷実可子氏「橋本会長が輝けるようにお支えする」

2021年02月24日 22時51分

記者の質問に答える小谷実可子スポーツディレクター(代表撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)の理事会が24日にオンラインで開かれ、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)が初めて出席。トーマス・バッハ会長(67)らが見守る中、初めて所信表明を行った。

 理事会後、取材に応じた橋本会長は「見える化」「発信」というキーワードを頻繁に使い、様々な改革案を掲げた。具体的なビジョンとしては「オンラインでアスリート、関係者、東京大会を楽しみにしているユースの方々と交流する機会を設けていきたい」とのプランを明かした。また、透明性を重要視する橋本会長は「定期的に日にちを決めて記者会見をさせていただきたい。国内外すべての方々にしっかりした発信をしていく」と話した。

 一方、新たに発足した「ジェンダー平等推進チーム」のヘッドに就任した小谷実可子スポーツディレクター(54)は「多様性と調和を目に見える形で」と目標を掲げつつ「橋本会長が生き生きとカッコ良く、会長として輝けるようにお支えすることが、世界に対して女性活躍のアピールになると思っています」と激励した。

関連タグ: