• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「中畑、バカヤローッ!」早くも観客1万人割れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中畑、バカヤローッ!」早くも観客1万人割れ


 このままでいいのか。6日の広島戦でDeNAは前田健にノーヒットノーランを許し、3戦連続となる本拠地零封負け。横浜スタジアムで一点も奪えないぶざまな戦いぶりに、一塁側スタンドから「中畑、バカヤローッ!」と容赦のない罵声が浴びせられた。

 それでも中畑監督は「上を向いていくしかない。記録には残るけど一敗は一敗」と、またしても元気いっぱいに繰り返すばかり。そんな指揮官の超プラス思考発言に乗せられたのか。コーチの一人も、なぜかサバサバした表情で「今日のマエケンは22打席が初球ストライク。スライダーは左打者の外角のボールゾーンからストライクゾーンをかするので手が出ない。審判が全部取ったし、風の影響もあってスライダーがいつも以上に曲がった」と激賞のオンパレードだった。

 素直に脱帽した後、このコーチはナインに「今日の負けは早く忘れた方がいい。気にしていたら打撃のリズムを崩す。こんなにいいマエケンとは、もう当たらない」とアドバイス。本来ならば重苦しいはずだったチーム内の雰囲気も、すぐに一掃されたという。

 とはいえ、打線は本拠地でいまだ無得点。地元のファンは早くもあきれ気味だ。この日の観客数は9524人で、早くも1万人を割った。試合後の池田純社長は「負けるのはまだ仕方がないにしても、球場に来たお客さんを楽しませないといけない」と述べ、終始厳しい表情だった。

 危機感をあらわにするフロントに対し、屈辱の敗戦にもかたくなに明るいムードを保つ現場。両者の温度差は誰が見ても明白だ。ただの〝ノー天気〟で無策のまま浮上のきっかけが見えてこなければ、中畑監督ら首脳陣への風当たりは一層厳しくなっていくことだろう。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【東スポ×競馬ラボ】ニコ生で「有馬記念」予想バトル
本紙・舘林&松浪記者と大魔神・佐々木、アンカツ、麒麟・川島が激論!

【ウインズ川崎】本紙・舘林と稲富菜穂が「全日本2歳優駿」展望トーク
2歳ダート最強馬決定戦「全日本2歳優駿」(13日、川崎競馬場)の注目馬はこれだ!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
ばんえいオークス(3日=帯広競馬場)

12・1予選開幕パチンコ・パチスロゲーム大会で「優勝賞金100万円を手に入れろ」

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

優勝はgdjこと博報堂の後藤さん

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はSGグランプリ(住之江)&GIクイーンズクライマックス(大村)

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!