“嵐の吉兆”で銅メダル

2012年08月03日 12時00分

 <ロンドン五輪>競泳女子200メートルバタフライ(1日=日本時間2日)は星奈津美(21=スウィン大教)が2分5秒48で銅メダルを獲得。
 
 星は首から下げた銅メダルを、ずっとなでていた。「メダルはこんなに重いんだなあと思った。自分のレースがしっかりやれたことがうれしいです」と笑顔がこぼれた。

 4月の五輪予選を兼ねる日本選手権(東京)で2分4秒69の驚異的な記録を出した。しかし米国や欧州での強化合宿では、猛練習を積んだにもかかわらず調子が上がらない。世界ランク1位でロンドン入りしたものの「あの記録はまぐれなんじゃないか」と考えてしまったこともあったという。

 その苦しい状況を自力で打開。「メンタル的な部分(重圧)も大きかったと思う。こっちに来て、一本一本泳ぎ切ることに集中したら、だんだん調子が上がった」と、100メートルから本命の200メートルへと日を追うごとに調子を上げていった。

 星の持ち味はパワフルな泳ぎ。元気一杯に見える裏側では、バセドー病を乗り越えるなど苦難も経験している。だがプールから離れれば、コンサートに足を運ぶほどアイドルグループの嵐が大好きなごく普通の女子大生だ。今回も大量のDVDを選手村に持ち込み、パワーの源にした。

 200メートルの予選前日には“嵐の吉兆”もあった。夢の中にメンバーが現れたのだ。「それが、5人とも出てきてくれたんですよ! 5人が私を応援してくれているんだな、とプラスに考えてましたよ」と超前向き思考で銅に結びつけた。

 世界の頂点には立てなかったが、まだまだ伸びしろは大きい。「上を目指して頑張りたいです」。日本競泳女子をけん引する存在へと成長した。