【カーリング】メンタル強化成功の北海道銀行 立て直す力がつけば世界でも通用する

2021年02月15日 11時15分

北海道銀行の吉村は司令塔としてチームを引っ張った((C)JCA IDE)

 代表争いの行方は――。カーリングの日本選手権最終日(14日、北海道・稚内市みどりスポーツパーク)、女子決勝が行われ、北海道銀行が平昌五輪銅メダルのロコ・ソラーレ(LS)を7―6で下し、6年ぶり2度目の優勝。北京五輪の出場権争いは、代表決定戦に持ち込まれた。運命を左右する大一番を前に、1998年長野五輪女子代表の大沢明美氏(47)が本紙の取材に応じ、両チームを徹底分析。今大会から見えた選手たちの“伸びしろ”に迫った。


 北海道銀行は負ければ北京五輪出場の可能性が消滅するプレッシャーの中でも、自分たちの力を十二分に発揮した。大沢氏は「去年とは全然違うふうに見受けられた。たぶんメンタル的にも、すごく強くなったんだなって感じるところがあった」と絶賛し「一度崩れたときに立て直す力が付けば、世界でも通用するんじゃないかなと思う」と期待を寄せた。

 司令塔としてチームを引っ張ったスキップ・吉村紗也香(29)は「本当にうれしい。やっと優勝できてホッとしている」と笑顔を見せたが、代表決定戦でLSを返り討ちにしない限り、北京五輪の出場権を獲得することはできない。さらなる飛躍を目指し「今日の試合のようなパフォーマンスを常にできるように基礎から見直してやっていきたい」と決意を語った。

関連タグ: