森会長の相談役就任は? 武藤事務総長「ポストについて議論する状態ではない」とにごす

2021年02月12日 21時58分

森会長のポストは?

 森会長の今後は? 東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、評議員会・理事会の合同懇談会議を都内で開いた。

 会合後の記者会見で武藤敏郎事務総長は、この日辞任を表明した森喜朗会長が今後、組織委員会内で「相談役」などのポストに就くかどうかを問われ「我々は現時点でポストについて議論する状態ではない」と回答。

 一方で「森会長が招致の段階から多くの貢献をされたことは事実。森会長によって、多くのことが実現したことは客観的に見てもそうです。国際オリンピック委員会(IOC)にも、『五輪、パラリンピックに引き続き支援していただくことが望ましい』という方もいる。今後は検討しながら、適切な結論を得ていくことになる」とIOCの〝森歓迎〟の声も明かし、含みを残した。

 森会長のポストについては、前日に森会長からの後任要請を受諾する意向を示した日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が「森さんには、相談役として残ってほしい」と発言し、「院政か」と批判が上がっていた。

関連タグ: