JOC山下会長 辞任の森喜朗会長「命を削りながらやられていた」

2021年02月12日 19時25分

JOC・山下泰裕会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、評議員会・理事会の合同懇談会を都内で開催した。

 女性蔑視発言で国内外で非難を浴びた森喜朗会長(83)が冒頭のあいさつで正式に辞意を表明。閉会後、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)は森会長の功績を踏まえた上で「今回の辞任は極めて残念」と感想を漏らした。その一方で「あの発言そのものは非常に不適切であったと思っています。特に海外からの反響はすごいものがあった。だから辞任は致しかたないかなと思っている」と話した。

 また、山下会長は「命を削りながらやられているのを身近で見てきました」と森会長を思いやり、未定の後任候補者には「残り5か月ですけど、かなり大変な役割を担うと思います。誰に決まってもJOC、日本のスポーツ界、全面的にその人を支えながら、何としても五輪・パラリンピックを日本国民の皆さんにも、各NOC(国内オリンピック委員会)の方々にも安心安全が見える形で開催できるように努力していかなきゃいけない」と語った。

関連タグ: