組織委会長は83歳・森喜朗氏から84歳・川淵三郎氏へ「森さんの意向をくんで」

2021年02月11日 19時54分

森喜朗会長(左)と川淵三郎氏

 女性蔑視発言で進退が注目されていた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が11日に辞意を固めたことを受け、その後任として東京大会の選手村村長で日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が決定的となった。

 この日午後、森会長と都内で面会した川淵氏は集まった報道陣へ「森さんの意向をくんで開催に向けて全力を尽くす」と話した。

 12日に開催される組織委の評議員会、理事会の合同懇談会で説明される見通し。

関連タグ: