IOCが方針撤回 森会長発言は「完全に不適切」と厳しく批判

2021年02月09日 20時23分

森喜朗会長

 国際オリンピック委員会(IOC)は9日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)による女性蔑視発言は「完全に不適切だ」などとする声明を発表した。

 IOCは「オリンピック・ムーブメントにおける男女平等に関する声明」と題して、森会長発言を「完全に不適切であり、IOCの公約とオリンピックアジェンダ2020の改革に矛盾していた」と厳しい論調で批判した。同会長が発言を撤回した4日には「森会長は謝罪した。この問題は終わったと考えている」との声明を発表したが、世界的な批判の声に方針を撤回したようだ。

 森会長は3日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の評議委員会で女性理事を増やす方針に関連して「女性がたくさん入っている理事会というのは時間がかかる」などと発言していた。

関連タグ: