JOC山下会長 森発言による五輪ボランティア辞退、スポンサーからの批判は「理解すべき」

2021年02月09日 17時20分

山下泰裕JOC会長

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が9日、都内で会見を開き、自民党の二階俊博幹事長(81)が東京五輪・パラリンピックのボランティアが辞退していることを「瞬間的」と発言したことについて「瞬間的なものと捉えていないし、捉えてはいけないと思っている」との認識を示した。

 3日のJOC評議員会で大会組織委の森喜朗会長(83)が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかる」と女性蔑視発言したことでボランティア辞退者が続出。これを受けて二階氏が「瞬間的に関係者の皆さんは『控えたい、協力できない』とおっしゃったんだと思う」とコメントしていた。

 また、今回の件で組織委のスポンサーからも批判の声が上がっており、山下会長は「スポンサー、ボランティアは組織委が管理しているのでJOCに直接問い合わせは来ていない」と前置きした上で「多くの企業が差別を基本的に容認しないと明確にしていると思うので、そういった声はあり得ると思うし、消費者の方々からスポンサー企業に対して『黙認するのか』という声が出てきて当然であろうと。それからボランティアの方々から辞退者が出るのも理解すべきだと思う」と語った。