JOC山下会長 森発言は「極めて不適切」も「是非について改めて述べる必要はない」

2021年02月09日 15時48分

JOC山下会長

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が9日、都内で会見を開き、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の女性蔑視発言について「いかなる差別も認めないオリンピズムの根本精神に反するものであり、私は極めて不適切であったということを改めて強調したい」と語った。

 森会長は3日のJOC評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言。ただし、翌4日に謝罪会見を開いたことから、山下会長は「この発言自体の是非について改めて述べる必要はない」と強調した。

 また、当日に森会長の発言を指摘することができなかったことについては「その後もいろんな話題が変わっていったので、それを止める機を逸してしまった」と説明した。