パラアーチェリー代表内定の仲喜嗣氏が死去 60歳

2021年02月09日 14時13分

 日本身体障害者アーチェリー連盟は9日、東京パラリンピック代表に内定していた仲喜嗣氏が7日に死去したと発表した。60歳だった。

 同連盟によると、仲氏は昨年11月から体調を崩して療養していた。死因は明らかにしていないものの、新型コロナウイルス感染症によるものではないという。

 奈良・大和高田市生まれの仲氏は、31歳の時に原因不明の難病「AAA(トリプルエー)症候群」を発症。車いす生活となったが、46歳でアーチェリーを始めた。2007年世界選手権に初出場すると、その後も国内外の大会で好成績をマーク。19年世界選手権(オランダ)で東京パラリンピック代表に内定していた。

 同連盟は「パラアーチェリー界での長きにわたるご活躍に心より敬意を表しますとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」と追悼した。