沈静化を狙うIOC「森会長は謝罪した。この問題は終わり」

2021年02月04日 21時19分

釈明会見も波紋を呼んでいる森会長(代表撮影)

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、女性蔑視発言で世界的な批判を浴びている東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)について「森会長は謝罪した。この問題は終わったと考えている」との声明を発表した。これ以上、問題視しない姿勢を打ち出した。

 森会長は3日に行われた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で女性理事を増やす方針に関連して「女性がたくさん入っている理事会というのは時間がかかる」などと発言。世界的な批判を浴びたことでこの日、会見を行い、「JOCでの発言はオリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現であった。まず深く反省をしております。発言を致しました件につきましては撤回をしたい。不愉快な思いをされた方にはおわびを申し上げたい」と発言を撤回して謝罪した。

 ただ会長辞任については「辞任する考えはありません。7年間、一生懸命、献身的にお手伝いしてやってきた。自分からどうするってことはない」と否定していた。

関連タグ: