桃田賢斗が男子世界1位キープ 約10か月ぶりにバドミントン世界ランク発表

2021年02月02日 20時42分

桃田賢斗

 世界バドミントン連盟(BWF)は2日、新型コロナウイルスの影響で昨年3月17日付を最後に更新されていなかった世界ランキングを発表した。

 シングルス男子の桃田賢斗(26=NTT東日本)が1位をキープした。シングルス女子では、奥原希望(25=太陽ホールディングス)が4位で変わらず、山口茜(23=再春館製薬所)は3位から5位となった。

 また、女子ダブルスは福島由紀(27)、広田彩花(26)組(丸杉Bluvic)が1位、永原和可那(25)、松本麻佑(25)組(北都銀行)は3位。今回のランキングは、1月にタイ・バンコクで行われた国際大会のポイントなどを反映して決定した。