東京五輪チケット 希望者への払い戻しが10日午前1時にスタート

2020年11月10日 10時47分

新国立競技場

 来年夏の東京五輪延期に伴う観戦チケットの払い戻しが10日午前1時にスタートした。

 アクセス集中を避けるため、当初は「10日の〝未明〟から」とされていたが、組織委によると「午前1時ごろに開始された」といい、現在も混乱なくスムーズに手続きが進んでいるという。

 今回は延期によって来場が困難になった希望者が対象。すでに販売されたチケットは原則として来年夏の大会にそのまま利用できる。申請は30日午前11時59分までで、返金は12月下旬以降に行われる。

 これまで五輪は約448万枚が販売されてきたが、3月末に新型コロナウイルス感染拡大で延期が決定後、チケットの扱いは先送りにされてきた。今回の払い戻しの対象は、札幌移転したマラソン競技の2万3300枚を差し引いた約445万枚分となる。

 なお、パラリンピックの申請手続きは12月1日未明~同21日午前11時59分(返金は来年1月中旬以降)。