【パラトライアスロン】宇田秀生がW杯2位「無事にまとめられたかなと思う」

2020年10月11日 16時21分

 ITUパラトライアスロンワールドカップが10日にポルトガル・アリャンドラで行われ、男子PTS4クラスの宇田秀生(33=NTT東日本・NTT西日本)が2位に入った。

 宇田は2013年5月に仕事中の事故で右腕を失ったが、リハビリの一環で始めた水泳がきっかけでパラトライアスロンの世界に飛び込んだ。15年のアジア選手権でいきなり優勝を果たすと、国内外の大会で好成績をマーク。東京パラリンピックでも活躍が期待される。

 レース後には「2月以来すごく久しぶりのレースということで、ちょっとしたミスやハプニングがあった」と苦笑いを浮かべながらも「無事にまとめられたかなと思う。メダルもゲットです」と納得の表情。来夏の大一番を前に、好スタートを切った。