• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 他球団スコアラーがDeNAに〝必勝法〟伝授

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他球団スコアラーがDeNAに〝必勝法〟伝授


 中畑DeNAは初の対外試合となる16日の日本ハムとの練習試合(名護)で7—9と逆転負けを喫した。それでも中畑清監督は5打数4安打2打点と爆発した筒香嘉智内野手の活躍にご満悦で、アレックス・ラミレス外野手合流後の4番起用続行まで示唆。そんな指揮官の思いつきを他球団のスコアラーも支持し「いっそラミレスを外しては」と意外な“必勝法”を伝授した。

「負けちゃいました〜」。敗戦にも明るかった中畑監督。4番に据えた筒香が結果を出したことがよほどうれしかったのだろう。「筒香選手は200点!」と最大級の評価を与え「外す理由がない」と当面の4番起用続行まで示唆した。ラミレス合流後の起用についても「わからないよ? 競争になってもいいんじゃないか」というのだから、ただのリップサービスというわけでもなさそうだ。

 この日は筒香以外にも石川、梶谷、荒波など、俊足の若手が持ち味の足を絡めた攻撃で次々チャンスメーク。これにも指揮官は「ウチらしい点の取り方だった」とご満悦だった。

 そんな試合をスタンドから見つめていた他球団のスコアラーからは「打線はこのままでいった方が怖い」という声が上がった。

 今季のDeNAについては、多くのスコアラーが「戦力的に劣る。今季も最下位は間違いない」と断言する。投手陣の層の薄さに加え、野手陣にも目立った補強がないためだ。そんななかでもわずかな光明を見いだそうとするなら、機動力を駆使するしかないという。

「はっきり言ってしまえば、DeNAで注意すべきポイントは『足がいかに使えるようになったか』だけ。俊足選手が多いのに去年は全く使えていなかったからね」(セ球団スコアラー) ただし機動力を生かそうとするとネックになるのがラミレスの起用法。前出のスコアラーは「あえて使わない手もあるでしょう。少なくとも守備の穴はなくなる。筒香中心に俊足選手がその前後を固める方が相手は嫌ですよ」と力説した。

 DeNAにラミレスを打線から「外す」という考えはつゆほどもないだろうが、ライバル球団にとって嫌なのはラミレス抜きの打線。“禁断のアドバイス”を中畑監督はどう聞くか…。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!