【バドミントン】桃田賢斗らがデンマークOP辞退 現地のコロナ再拡大を懸念

2020年10月02日 19時32分

桃田賢斗

 日本バドミントン協会は2日、国際大会となるデンマーク・オープン(13日開幕、オーデンセ)に出場予定だった男子シングルスの桃田賢斗(26=NTT東日本)ら日本代表15選手が辞退したと発表した。デンマークでの新型コロナウイルス感染再拡大を受け、所属チームから申し入れがあったという。

 桃田は1月にマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、9か月ぶりの公式戦となる予定だった。今回の辞退で実戦復帰は12月下旬の全日本総合選手権(東京・町田)となる見通しだ。

 ワールドツアーはコロナ禍の影響で3月中旬の全英オープンを最後に中断しており、デンマーク・オープンで再開。年内に日本代表が出場を予定している国際大会はない。同大会には、シングルス女子の奥原希望(25=太陽ホールディングス)や女子ダブルスの福島由紀(27)、広田彩花(26=ともに丸杉Bluvic)組も出場を予定していた。