井上尚弥 新成人の誓い「今年は世界奪取」

2014年01月14日 16時00分

成人式で約3分のスピーチを終え、座間市の遠藤三紀夫市長(左)と握手する井上

 東洋太平洋ライトフライ級王者の“怪物ボクサー”井上尚弥(20=大橋)が13日、地元の神奈川・座間市の成人式に出席し、新成人を代表してあいさつした。

 

 グレーのスーツ姿で登壇した井上は「社会人として責任を持ち、社会に貢献していきたい」。ボクシングの1ラウンド、およそ3分にわたる長いスピーチは「かなりアドバイスはもらったけど、自分で考えた」。今回のオファーは約半年前から届いていたという。

 

 国内最速6戦目での世界タイトル取りの期待がかかる2014年は元日のジョギングでスタート。「2日はオフにして、3日からはいつも通り練習している」。もちろん、井上自身も世界奪取を目標に掲げている。

 

「今年の目標と聞かれたらそれしかない。マッチメークは任せているので分からないけど、4団体どこでも構わない」

 

 今春にも実現するとみられる世界戦で一気に頂点に上り詰める。