沙羅 ソチ「金」確率99%の衝撃

2014年01月13日 16時00分

またしても圧勝した高梨

 スキー・ジャンプ女子W杯個人第7戦は12日、北海道・札幌市の宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル、K点90メートル)で行われ、エースの高梨沙羅(17=クラレ)が合計237・1点で前日に続く連勝を決め、今季6勝目を挙げた。また女子W杯最多の優勝記録を「15」に更新した。圧倒的な強さを見せる高梨に全日本陣営からはソチ五輪金メダルの確率について「99%」という衝撃予告が飛び出した。

 

 余力を残しての快勝だった。札幌は朝から雪が降り続き、ランディングバーンの状態は悪化していた。1本目に、山田優梨菜(17=白馬高)が着地後に右足を雪に取られて転ぶと、総合ランキング2位のカリーナ・フォクト(21=ドイツ)もバランスを崩して転倒。そこでソチ五輪を見据える高梨は現状を冷静に分析。完璧なジャンプより安全策を取った。

 

 1本目は最長不倒の97メートルを飛んだが、課題といわれる着地ではテレマークを入れなかった。2本目もゲートを1段下げ、飛びすぎによるリスクを回避。それでもK点越えの91メートルで、他を寄せつけない強さで完勝し「経験は積んでいると思うのでよくない天気の中でもしっかり飛べる」(高梨)と胸を張った。

 

 W杯で7戦6勝。もはや手がつけられない。誰もがソチ五輪での金メダルを期待する中、驚異の“勝利予告”が全日本陣営から飛び出した。ヤンネ・バータイネンコーチ(38=元フィンランド監督)は「沙羅が金メダルを取る確率は99%。彼女はそれほど絶対的だよ」と断言。残りの「1%」も当日の気象条件や体調だけだという。

 

 本来ならば自らが指導している選手に対し、甘い見通しを語ることはあまりしないもの。だが世界を知る日本代表コーチも、悪天候を克服し高梨の圧倒的な強さを見て“もはや敵なし”を確信したわけだ。この理由として、11日にW杯最年長優勝を成し遂げた“鉄人”葛西紀明(41=土屋ホーム)並みの精神力を挙げた。

 

「沙羅と紀明の共通点を1つ挙げれば、それは2人とも非常に強いハートの持ち主ということ。紀明はあれだけ長い間競技を続けているのに、毎年変わるジャンプの傾向にしっかり適応している。沙羅は大勢のメディアに追われ、また勝つことが当たり前と思われている中で期待に応える。両方とも強靱なメンタルがないとできない」(バータイネンコーチ)

 

 高梨はまだ17歳ながら、6度の五輪に出場し30年を超えるキャリアを持つ“鉄人”葛西と同じようなメンタリティーを持つというもの。同氏は全日本コーチという肩書とともに、葛西が選手兼監督を務める土屋ホームに所属し、常に2人を比較できる立場にある。そこで感じた高梨の精神面の強さこそが「確率99%」の根拠というわけだ。

 

 高梨もソチ五輪に向け「不安は特に…」と自信を口にするなど、万全の状態。あとはW杯の勢いのままロシアでも快進撃を見せるはずだ。